有機物リサイクルシステムで持続可能な社会を
正和電工株式会社
自然の力で分解できない大量の糞尿は土壌汚染、そして環境破壊へとつながります。正和電工のバイオトイレシリーズはこうした問題の解決に取り組みます。 バイオトイレBio-Luxイメージ バイオトイレBio-Lux国土交通省認定・新技術NETIS No.HK040017-A
   
正和電工について バイオトイレについて バイオトイレ製品情報 その他バイオ製品情報 製品価格表 よくあるご質問Q&A 資料請求・お問い合わせ
 >>中小企業海外展開支援事業
about us
バイオトイレについて
究極の循環型「バイオトイレ」に世界が注目
聞いて流せぬトイレの話(土木学会誌より)
廃棄有機物の分解処理装置の開発
第32回環境賞文献より
オガクズの能力を見直す
公開実験報告
推薦状
本体・図面
活用例
バイオトイレの現況報告
本製品の法律的根拠
中小企業海外展開支援事業

正和電工株式会社
〒078-8271
北海道旭川市工業団地
1条1丁目3番2号
TEL:0166-39-7611
FAX:0166-39-7612
2015年12月18日、弊社は国際協力機構(JICA)と「ベトナム社会主義共和国 『バイオトイレと新浄化システムを活用した環境改善技術の普及・実証事業』」にかかわる契約を締結しました。 JICAについて
http://www.jica.go.jp/about/index.html
★ 2013年度 外務省「案件化調査」(ベトナム:2013/10〜2014/3)
「世界自然遺産ハロン湾における集めない・混ぜない・分離する“分散型排水処理システム”を活用した水環境改善案件化調査」
し尿を微生物の分解力を使って分解・堆肥化するトイレ(バイオトイレ)と、生活雑排水を処理する新浄化装置を活用した分散型排水処理による水環境改善に関する調査。
大腸菌や窒素・リンの除去を効率的に行い、水環境改善、コンポストの農業への活用など多様な分野への貢献を目指す。
★ 2014年度(補正) JICA「普及・実証事業」(ベトナム:2015/12〜2018/5)
「「バイオトイレ」と「新浄化装置」を活用した環境改善技術の普及・実証事業」
バイオトイレと新浄化装置を活用した環境改善技術の普及・実証事業。
し尿はバイオトイレで、生活雑排水は新浄化装置で処理する“分散型排水処理システム”を活用し、大腸菌や窒素・リンの除去を効率的に行うことで生活排水による汚濁負荷の削減を達成し、ベトナムの水環境改善への貢献だけでなく、使用済み残渣の農業への利活用を通じ、現地住民の生計向上にも役立てることを目指す。
ODAを活用した中小企業海外展開支援セミナーin 旭川
2月26日(金)14:30〜16:30(受付 14:00〜)
旭川商工会議所 6階会議室

[↑page top]